お金のピンチは携帯決済現金化で乗り切ろう!

クレジットカード現金化より安全で便利な携帯決済の現金化

    

携帯現金化のほうが安全便利急にまとまった額の現金が必要となると言った経験をされた事がある方は多いことでしょう。
そのようなケースでは短期間の貸付であれば利子が発生しない消費者金融などを利用すると言う方も多いようですが、一方で消費者金融を利用すること自体に抵抗を感じると言う方も少なくないようです。
そのような方々が消費者金融の代わりとして利用されているものの一つが、クレジットカードの現金化です。
このサービスではクレジットカードの利用可能枠などをその場で現金に換えることができる為、家賃などクレジットカードでの支払いができない代金の支払いを行う際に重宝します。
また、近年では、携帯決済の現金化を利用する方も同様に多いようです。
この方法の場合も、携帯決済枠をその場で現金化できる為、多くの場面で重宝します。
クレジットカードと同様に、代金の支払いは翌月となる為、支払までに一定の猶予があると言う点も大きなメリットの一つと言えるでしょう。
一方で、このようなクレジットカードおよび携帯決済の現金化に対して、その安全面に不安があると言う方も多いようです。
このようなサービスはまだ一般的ではないため、そのような先入観を持つことも致し方ないと言えるでしょう。
そこで今回は、この二つの現金化の方法に関し、その安全面においてどちらが優れているのか解説していきたいと思います。

クレジットカードの現金化の安全性

クレジットカードの現金化の安全性について、大前提として覚えておくべきことは、多くのカード会社では、クレジットカードの現金化は規約で禁止されていると言う点です。
その為、現金化を行っていたことがカード会社に知られてしまうと、すぐにクレジットカードを止められてしまうと言うこともあり得るのです。
クレジットカードの現金化のシステムとしては、クレジットカードで購入したギフトカードなどを業者に買い取ってもらう事で、その場で現金を受け取ると言う方法が多いようです。
しかしながら、その為に頻繁にギフト券などを購入していると、その購入履歴からクレジットカードの現金化を行っていることをカード会社に知られてしまうと言ったケースもある為、注意が必要です。
また、近年ではクレジットカードの現金化を行っていたことによる逮捕例も存在します。
クレジットカードの現金化の違法性に関しては、グレーゾーンであると言うのが実際のところですが、そのような意味でも安全性は決して高くない方法と言わざるを得ないでしょう。

携帯決済の現金化の安全性

一方で携帯決済の現金化の場合はどうでしょうか。
この方法の場合も、基本的な方法は同じで、携帯決済のショッピング枠を利用して購入したギフト券などを業者に買い取ってもらうと言った方法が主流となっているようです。
携帯決済の現金化の場合も、携帯会社によっては規約で禁止していることがあるため、現金化を行ったことで利用ができなくなるとか、ショッピング枠が減らされてしまうと言ったリスクを伴っていると言う点は忘れるべきではないでしょう。
一方で携帯決済の場合、クレジットカード情報の流出の心配がないと言った面では、安全性はクレジットカードの現金化に比べれば高いと言えるかもしれません。
業者の中には、クレジットカードや身分証の提示を求めてくるところもあるようですので、このような個人情報の管理はしっかりと行う必要があると言えるでしょう。
今回はクレジットカードの現金化と携帯決済の現金化について、その安全性を比較してみました。
根本的な事としては、個人情報の取得や法外な利益を得ることを目的とした悪質な業者も存在している為、業者選びを慎重に行う事こそ、安全性を高めるためには最も重要な事と言えるでしょう。