お金のピンチは携帯決済現金化で乗り切ろう!

ドコモ携帯料現金化の流れ

    

ドコモの現金化の流れ

 

 

最近よく聞くドコモケ-タイでの「携帯料金現金化」。
果たしてどのような流れになっているのでしょうか。
ここでは気になるdocomoを対象にしている「携帯料金現金化」の流れについて説明します。

 

 

ドコモ携帯の現金化について

ドコモの携帯電話を使用している人が利用できるサービスです。
スマホだけではなく、ガラケーやタブレットなどの端末を持っている人も対象になっています。
回線(電話番号)だけでも、つまり端末を持っていなくても利用できる利点があります。
実は限度枠は端末ごとに確保されていますので、複数台の端末があれば合計金額が増えます。
例えば3台所有していれば、平均で15万円の現金化が可能です。
また契約月数ごとの現金化枠は、使用者の利用状況などによって変わります。
未成年者と法人契約の場合は限度額が10,000円(月)になります。

ドコモ携帯現金化の3つの方法

前述したように現金化の対象はスマホなどの端末を持っている人です。
それぞれの限度枠はキャリアによって違いますが、平均で9万円~30万円と額が大きいのが特徴です。
例えば複数の端末があれば、15万円まで可能です。
もちろん審査があるので必ずしも15万円まで確実ではありません。
またドコモ携帯の場合「spモードコンテンツ決済」、「ドコモケータイ払い」、「ドコモiD決済」の3種類があります。
これらのうち、どの決済方法によるギフトコードの購入でも買い取りが可能なようです。
またアプリの課金もキャリア決済の対象になっているので、携帯電話を持っている人なら、併せて利用可能になります。
決裁した金額は、翌月の携帯電話利用料金に合算されて請求されるので、返済が長引いで利息がかさむ心配はありません。
具体的に携帯現金化するには
ドコモ携帯での現金化には以下のような方法があります。

1.メールによる申し込みで完結
指定のギフトコードを購入後、メールにてQRコードを転送するだけです。
面倒な手続きもなく、極めて短時間のうちに契約が完結し、スピーディ-に現金を手にすることができます。
2.ネットによる申し込みで完結
ドコモでの申し込みはすべてインタ-ネット上で完結できます。
つまりいつでもどこでも申し込みできるということです。
業者にもよりますが、全国24時間、即時に申し込み可能です。
3.ドコモIDと現金化
ドコモでは「ドコモケ-タイ払い」の他に「ドコモID」というものがあります。
「ドコモID」で決済ができるのです。
この決済方法はスマホだけに限らず、ガラケーのユ-ザ-も対象です。
スマホをかざすだけでショッピングができるお財布ケ-タイの支払い方法の一つである「ドコモID決済」。
これも決済方法の一つに入れられます。
4、ドコモキャリア決済について
まずは、当然ですがドコモ携帯電話の契約がキャリア決済には必要です。
スマートフォンやパソコンで決済しますが、特筆する点としてポイントが貯まる点です。
現金化の点では換金率などで業者へ支払う分がマイナスになりますが、ドコモの決済を利用するのでdポイントは貯まるので、その点はとてもお得になります。
またiモードやspモードの契約も必要条件です。
前述したようにキャリア決済の方法は、「ドコモケ-タイ払い」、「spモード決済」の2種類あります。
これらの決済方法での支払いは月々のケータイ料金と合算して毎月の支払になります。
利用にあたって審査などはなく、ユーザーごとに設定された限度額以内なら、いつでも簡単に利用することができます。

携帯電話最大手のキャリアであるドコモのケータイ電話現金化について説明しました。
携帯料金の現金化については、一部で不安を感じている方もあるかもしれませんが、ドコモのような大手キャリアが積極的に参加していることを見ても、安心して利用できるのではないでしょうか。