お金のピンチは携帯決済現金化で乗り切ろう!

ガラケー料金の現金化で注意するべきポイント

    

現金化するときの注意点

携帯決済の現金化というシステムをご存じですか。
携帯では特にスマホなどでは各キャリアではショッピング枠というものがあります。
そのショッピング枠で商品を購入し、それを現金化してしまうという方法です。
審査なしで、保証人も必要とせず、来店も不要と簡単にしかも、すぐに現金化できるのは便利かと思いますが、いわゆるガラケーでも同様の現金化ができます。
ただし、翌月には携帯電話の料金とともに購入した金額を支払う義務があるので十分注意してください。
ここでは、携帯決済の現金化の流れと注意する点について紹介していきましょう。

ガラケーでの現金化

携帯決済(携帯料金)の現金化とはいったいどういうものなのでしょうか。
これは、キャリアごとの携帯電話決済を現金化することを指します。
手軽に現金が手に入るので、ちょっとお金が必要な時は便利な方法です。
しかし、何事もメリットとデメリットがあります。
特にお金にまつわる話ですから、良く注意しなければならない点もあります。
ガラケー、つまり従来型の携帯電話のことですが、この古い機種・サービスでも現金化を行うことができます。
ただし、ガラケー単独では端末の機能が対応していませんので現金化はできません。
パソコンやタブレットなどで別途にメールを使い、ギフト券を購入することができます。
この購入の際にキャリア決済を選択すれば良いことになります。
さて、では現金化に関して注意しなければならない点はないのでしょうか。
以下、注意点をまとめてみました。

現金化に関しての注意点

■現金化の限度額
携帯決済現金化と言っても限度額があります。
決済限度額は50,000円前後が一般的とされていますが条件によって最大100,000円まで使えます。
限度額はキャリアや契約年数、使用履歴によって異なりますので幅があります。
また20歳以上という年齢制限があります。
■携帯決済の現金化の注意点
業者の中には法外な金額や手数料を提示して換金できる金額を下げてしまい、後から苦しくなってしまうことがあります。
業者をしっかりと見分けて優良な業者を選択することで、携帯決済の現金化サービスを有効に利用することが可能になってきます。
自分の意思をしっかりと持つことを忘れないように注意しましょう。
■携帯料金の支払を考慮しよう
携帯電話(ガラケー・スマホ)の決済枠で、商品を購入し換金してもらえますが、全額の換金ではないので注意が必要です。
また、翌月以降から商品代金の支払い義務が課せられます。
このため、現金化した後に支払いが待ち構えています。
現金が手に入るからと背丈に見合わない高額は金額を現金化せずに少ない金額から開始して賢く現金化できるシステムを利用してください。
安易に高額を現金化するのは控えたほうが良いでしょう。
特に、商品を購入した金額が100%換金されるわけではないので換金した金額を使用してしまった後には、購入金額を翌月に一括で支払わないといけないという現実が待っています。

以上、携帯決済と現金化について注意する点を見て来ましたが、いかがでしたでしょうか。
他にも注意しなければならない点はあるかもしれません。
新しい換金方法なので今後の推移も注目されています。
なにより肝に命じて欲しい点は、即現金化できるメリットと共に支払額が残るというデメリットを忘れないようにしてください。
携帯決済の現金化は無理に高額を現金化すると、後々困ることになってしまうのでこの点に注意すれば携帯決済の現金化サービスを有意義利用することができます。
しっかりと返済計画を考えて、携帯決済現金化をより賢く使ってください。