お金のピンチは携帯決済現金化で乗り切ろう!

携帯料金の現金化ができないケースとは

    

携帯現金化ができない場合について

 

突然お金が必要になった時、携帯料金現金化はとても便利なサービスです。
携帯キャリアの決済機能を使って商品を購入し、それを買い取ってもらう事で簡単に現金が手に入ります。
ですが、携帯料金現金化が出来ないケースもあります。
便利な携帯料金現金化を有効に利用するために、どんな時にそれが出来なくなるのかを知っておきましょう。

 

 

料金を滞納しているケース

携帯料金現金化は、購入した商品の支払いを翌月の携帯料金支払い時に合わせて支払う事が出来る仕組みを利用したものです。
お金を払わずに先に商品が手に入るのですから、きちんとその料金を支払ってくれる、という信用の上に成り立っているサービスと言えます。
クレジットカードと同じような仕組みですね。
ですから、その料金を滞納してしまうと携帯電話の決済機能自体を使う事が出来なくなりますから、携帯料金現金化も出来ない事になります。
ドコモの携帯の場合は、ドコモケータイ払いは直近2ヶ月分の料金の引き落としが確認出来ない場合は利用できません。
料金未納時にはドコモケータイ払いは停止しますが、その料金を支払った後にドコモショップやカスタマーセンターに連絡する事でその利用を再開する事が出来ます。
auの場合は、料金の滞納によってauかんたん決済が利用できなくなるだけでなく、2,3回滞納を繰り返すと携帯料金の支払い方法が請求書払いに変更されてしまいます。
それ以降はウォレットカードにチャージする利用方法は可能ですが、auかんたん決済は利用できなくなります。
その場合、auお客様サポートに連絡してください。
ソフトバンクの場合も、料金滞納を何度も繰り返すとソフトバンクまとめて支払いが利用できなくなり、請求書払いに変更されてしまいます。
料金を滞納すると限度額が下げられてしまう事もありますから、きちんと毎月の料金を支払うようにしましょう。

決済枠を超えている場合

ドコモケータイ払いなどのサービスには限度額が定められています。
限度額は契約年数やサービスの利用状況、年齢などによって様々ですが、ほとんどの場合1万円~10万円の範囲内で決められています。
その限度額を超えていると、携帯キャリア決済を利用する事が出来ませんから、携帯料金現金化も利用できません。
ここで注意が必要なのは、月額料金で利用しているアプリなどの金額もその決済枠に含まれている、という事です。
その分の金額を失念して決済機能を利用しようとして、決済枠オーバーで利用出来ない、という事が多いのです。
携帯料金現金化のために利用できる額をきちんと自分で把握しておきましょう。

PINCOMが利用できない場合

携帯料金現金化を利用する際、PINCOMというサイトからギフト券を購入するケースがよくあります。
ですが、このPINCOMの利用規約が追加されたことにより、PINCOMからの購入が出来なくなってしまう場合があるのです。
その規約では、PINCOMから転売行為を行っていると判断されると、PINCOMを利用出来なくなると定められています。
それでは、PINCOMではどうやって転売しているかどうかを判断しているのでしょうか。
購入手続きの時にメールアドレスを入力するという手順があります。
そして、amazonギフト券などを購入した際、それを有効にするためのコードをどのアドレス宛に送信するかを設定できるのです。
おそらくそこで、転売を行っているかどうかを判断しているのだと考えられます。
つまり、購入したギフト券のコードを業者のメールアドレスに送信した場合、利用停止となってしまう可能性があるのです。
これを避けるには、PINCOMで購入したコードをそのまま業者に送信するのではなく、一度自分のメールアドレスに送信し、それを業者に転送するという方法を採るといいでしょう。

携帯料金現金化は便利なサービスですが、それが利用できない状態にならないように普段から気を付けておきましょう。