お金のピンチは携帯決済現金化で乗り切ろう!

現金化にもおすすめ!ドコモのケータイ払い

    

現金化にもオススメ。ドコモのケータイ払い家賃や公共料金などの中には、クレジットカードなどでの支払いができず、現金のみしか受け付けていない物も多く存在します。
その為、クレジットカードなどのショッピング枠は残っているのに、支払いができず困ってしまったと言う経験をされた事のある方は多いことでしょう。
このようなケースでは、クレジットカードの現金化や、消費者金融などを利用する方も多いようですが、そのようなサービスを利用する事に抵抗があると言う方も多いようです。
近年このようなケースで頻繁に利用されているのが携帯決済の現金化と言う方法です。
この方法では、携帯決済のショッピング枠をその場で現金化することができる為、早急に現金が必要と言う方の多くが利用されているようです。
今回は、このような携帯決済のショッピング枠を現金化する方法の中からドコモのケータイ払いを利用したケースについて、その方法やメリット、デメリットなどを紹介します。

ドコモのケータイ払いを利用した現金化の仕組み

まずはドコモのケータイ払いを利用した現金化の仕組みを紹介します。
この方法では多くの場合、ドコモのケータイ払いを利用して購入したギフト券などを業者に買い取ってもらう事で現金を受け取ることができます。
システムは若干複雑に感じるかもしれませんが、基本的には金券ショップなどのシステムと大差はないと言って良いでしょう。
このような方法を利用すれば、その場で現金を受け取れるにも拘らず、代金の支払いは翌月となる為、一定の猶予があると言う点は大きな魅力の一つと言えるでしょう。
一方で、このようなシステムを利用する際に気をつけておきたいのは、あくまでもギフト券を「買い取る」ため、ギフト券の額面と同額の現金を受け取ることはできないと言う点です。
また、このような金券類の買い取りを行っている業者には、古物商許可が必要ですので、許可を得ていることが確認できる業者を利用する必要があると言えるでしょう。

ドコモのケータイ払いを利用した現金化のメリット、デメリット

ドコモのケータイ払いは、近年対応する店舗が急速に増えていることで知られています。
その為、早急にギフト券を購入しなければならないと言った際にも、近隣のコンビニなどですぐに購入することができます。
また、近年サービスが開始されたdケータイ払い+を利用すればdポイントもためることができる為、ギフト券の額面と実際に受け取る現金に差が表れる事による損失を少なくすることもできると言えるでしょう。
一方で、このような携帯決済のショッピング枠の現金化を規約で禁止している会社も存在するため、このような業者を利用する事は、法律上ではグレーゾーンにあたると判断されるケースもあることは覚えておくべきでしょう。
場合によっては、ケータイ払い機能の利用を停止されなど、利用可能額を減らされると言ったペナルティが科せられることもある為、そのような点は大きなデメリットの一つと言わざるを得ないでしょう。
このような業務を行っている業者の中には、個人情報やクレジットカード情報を入手する事や、法外な利益を得る事を目的としている悪質な業者も存在します。
そのような業者に出会わないようにするためには、出来るだけ知名度の高い業者を選ぶなど、申し込み時に必要以上の個人情報の提示を求めてくる業者は避けると言った対策を取るべきと言えるでしょう。
特にこのような業者を初めて利用すると言う方の場合、その業者に対する口コミなどを精査し、慎重に業者を選ぶ必要があると言えるでしょう。
ドコモのケータイ払いは、前述した様に多くのチェーン店での支払いに対応しており、よりスムーズに現金を受け取ることができるでしょう。
しかしながら、悪質な業者の存在は忘れるべきではなく、業者の選定は慎重に行うべきだと言えるでしょう。