お金のピンチは携帯決済現金化で乗り切ろう!

携帯料金の現金化、還元率の相場とは?

    

現金化の還元率の相場

 

携帯料金の現金化をする場合、気になるのは還元率でしょう。
還元率が低ければ、手に入る現金も少なくなるのですから、それが気になるのは当然です。
それでは、携帯料金の現金化をする時の還元率の相場はどれぐらいなのでしょうか。

 

 

携帯料金現金化の還元率の相場は?金額によって還元率が変わる

携帯料金現金化を行ってくれる業者は非常にたくさんあります。
それらのサイトを見てみると、還元率の相場はおよそ60~80%となっているようです。
1万円の商品を現金化した時、手に入るのが6千円~8千円程度というのが相場のようですね。
翌月の携帯料金支払い時には1万円を支払わなくてはいけないのですから、あまり高い還元率とは言えませんが、すぐに現金が手に入る点や、クレジットカードなどの審査に通らない人でも利用する事が出来る点など、メリットも多いのが携帯料金現金化です。
携帯料金現金化の業者のホームページを見てみると、ほとんどのところで金額ごとに還元率が設定されている事が分かります。
5千円以下の場合は68%、5,001円~1万円の場合は72%、1万円~3万円の場合は75%、などといった具合に、金額によって還元率が異なっているのです。
ホームページなどに最大還元率92%などと記載してあっても、キャリア決済の決済枠は通常5万円程度の人が多いので、実際に適用される還元率はそれよりも低い場合が多いという事も注意しておきましょう。
ホームページの文言を見て期待していたら、振り込まれた金額は思ったより少なかった、という事もありますから、還元率についてはホームページの隅々までよく調べておく必要があります。
還元率が70%のところで1万円の商品を現金化してもらう場合、単純に7千円が振り込まれると思っている人も多いでしょう。
もちろん、そういった業者もありますが、それはかなり優良な業者と言えます。
実際には、そこから現金化手数料や送料、振込手数料などが引かれる事が多いのです。
そうなると、1万円の商品を現金化した場合に振り込まれる金額は7千円を下回る事になります。
還元率に気を取られるのも分かりますが、携帯料金現金化を利用する際には、手数料などの費用がかかるかどうかもきちんと把握するようにしましょう。
そうしないと、思ったよりもかなり低い金額しか手に入らない場合もあります。
特に、質の悪い業者の場合は手数料などの費用をホームページに記載していない場合もあるのです。
利用する前に、その点については絶対に確認しておいてください。

携帯料金現金化がクレジットカードの現金化よりも還元率が低い理由

携帯料金現金化とよく似たサービスに、クレジットカードの現金化があります。
こちらも商品を購入して業者に買い取ってもらうという点では同じなのですが、クレジットカードの現金化の場合の還元率の相場は70~90%程度となっています。
クレジットカードの現金化の方が還元率は高いのです。
そこには、限度額の違いが関係しています。
金額によって還元率が変わる場合が多いことはご説明しましたが、それと同じようにクレジットカードの方が決済枠は多いので、還元率は高くなるのです。
クレジットカードは分割払いも利用できますし、審査も携帯電話よりも厳しいので、決済枠は少なくても10万円、多ければ100万円利用出来る人もおられます。
20万円の商品を80%の還元率で現金化すると、業者には4万円の利益が出るわけですが、5万円の商品を70%の還元率で現金化しても業者には1万5千円しか残りません。
このように客単価が低くなるので、携帯料金現金化の還元率は少し低くなっているのです。
携帯料金現金化の還元率の相場についてはお分かりいただけたでしょうか。
相場を知っておく事で、不当に低い還元率のところに引っかかる事を防ぐことが出来ますから、適正な還元率の業者を利用するようにしてください。