お金のピンチは携帯決済現金化で乗り切ろう!

携帯料金の現金化で選ぶべきキャリア

    

キャリアはどこを選べばいいの?ここでのキャリアとはドコモ、au、ソフトバンクなど携帯電話の取扱会社のことをさします。

こうしたキャリアの携帯利用料を現金化するのが携帯料金現金化の業者です。
携帯キャリアの携帯決済現金化を使ってキャッシュに変換すれば一時的な金欠などに大変重宝します。
使い方さえ誤らなければ、誰でも手軽にキャッシュが手に入る点がメリットです。
半面、支払が滞ってしまうとショッピング決済枠が減らされたりするなどデメリットもあります。
安易に現金化しないで、慎重に扱うようにして下さい。

そもそも携帯料金の現金化とは?

前述したように携帯電話の現金化には多くの業者がいます。
しかしこうした業者とはいったいどのような役目を果たしているのでしょうか。
それを知るにはまず携帯料金の現金化とは何か、を正しく知る必要があります。
携帯電話の現金化とは、スマホをはじめ、毎月支払っている携帯の利用料を現金化することです。
つまり、毎月の電話料が1万円なら、その分を現金化して融資するのです。
でも融資額がこの程度ならそれほど魅力はありません。
そこで業者側は利用料だけでなく、携帯電話の契約についている通販ショッピングの代金も現金化するのです。
当然ながら通販料金のショッピング枠はたいていの場合通話料金より高くなります。
すると通話料の1万円に加えて5万円~10万円というまとまった金額の現金化が可能になります。
したがってビジネスとしての成り立ち、それ故に多くの業者が参加して携帯料金の現金化というビジネス業界を成立させているのです。

キャリアごとに違いはあるの?

では、携帯キャリアの大手三社によって違いがあるのでしょうか。
現金化という点でみるとまず違いはショッピング決済枠が違います。
例えば、docomoだと19歳までは月に10,000円までの上限制限があります。
auとsoftbankは共に12歳までに上限を設定しています。
auが1,500円、softbankが2,000円となっています。
auとsoftbankは12歳以下と随分細かく仕切っていますが、未成年の扱いについては各社かなり気を使っているようです。
12歳以下となれば未成年というより児童ですから数千円というのは妥当かもしれません。
さて、19歳まではauもdocomoと同様に10,000円以下になりますが、softbankは最大20,000円となります。
そして20以上になると条件によりますが各社とも最大が100,000円になります。

どのキャリアを選ぶと良いのか?

キャリア毎に大きな差はないのですが、ショッピング決済枠は年齢、契約年、そしてキャリアによる条件によって違います。
docomoでは決済できるショップはゲーム・音楽のエンタメ系など広範なシーンに使えます。
ファッション・コスメなど良く利用されやすいショッピングです。
auはさらに「auかんたん決済」がありますが、楽天市場なども使える点がポイントでしょうか。

softbankも同様の幅広さがあります。
では現金化という観点でみるとどのキャリアが良いのでしょうか。
個人的な事情を考えると、どのキャリアであっても契約年数の長い方はショッピング決済枠が多くなりますのでその点はキャリアに関係なく有利なところでしょう。
単純に比較するとdocomoは上限が50,000円、auとsoftbankは100,000円となりますのでauとsoftbankに軍配が上がります。
しかしdocomoであっても契約年数やその他の条件次第では最大100,000円になりますし、auとsoftbankであっても誰もがマックスの100,000円まで現金化できるわけではありません。
実際は換金業者による審査がありますので、キャリア毎の違いは緩和されそうです。
また、携帯の乗り換えなどでもショッピング決済枠が変わってきます。

現金化にあたっては現在利用しているキャリアが長期契約しているものであれば、そのキャリアが一番ふさわしいということになるのではないでしょうか。
そして支払状況そのほかの条件でショッピング決済枠が変わりますので、日々の利用方法が大きなポイントとなります。