お金のピンチは携帯決済現金化で乗り切ろう!

携帯料金の現金化に必要なもの

    

携帯現金化に必要なもの

 

急にお金が必要になった時、携帯キャリアの決済機能を利用した携帯料金現金化はとても便利なサービスです。
このサービスを利用すれば、その日のうちにお金を振り込んでもらう事も不可能ではありません。
その携帯料金現金化をするには必要なものがあります。
携帯料金現金化には何が必要なのでしょうか。

 

 

身分証明書

携帯料金現金化は、お金に関わるサービスです。
こういったサービスには、詐欺などの悪質な手口を行う者がいないとは限りません。
こちらとしても業者の信頼性を確認する必要がありますが、業者側も悪質な手口に騙されないように警戒する必要があるのです。
そのため、買取手続きの前に身分証明書による本人確認の手続きがあります。
具体的には、運転免許証や保険証などの本人を確認できる書類を携帯電話のカメラ機能を使って撮影し、それをメールで送信するのです。
携帯電話の操作に慣れていない人の場合は、ファックスで送信することも可能です。
こういった本人確認の手続きは、チケットショップなどで買い取りをしてもらう際に行う手続きと同じものです。
チケットショップに商品券などを売りにいった事のある方なら、経験があるのではないでしょうか。
これは、買い取った商品が盗難や詐欺などの不正な手段で入手した物だった場合、その入手元を確認するために行うものです。
この本人確認は、実はすべての携帯料金現金化業者で行われている訳ではありません。
中には身分証明書が不要の業者もあります。
身分証明書を相手に送信する事に抵抗を感じる人もおられるでしょう。
そういった人は身分証明書不要の業者を利用したくなると思います。
ですが、そういった業者は買い取り価格が不当に低かったり、現金化にやたらと時間がかかったりと、サービスの内容が粗悪な場合が多いのです。
健全な経営を行っている業者は、ほぼ例外なく本人確認をきちんと行っています。
安全で確実な取引を行いたいなら、身分証明書の提示が必要な業者を選ぶようにしましょう。

現金を受け取るための銀行口座

町中にあるチケットショップなどでは、店頭で商品券などを買い取ってもらいますからその場で現金を受け取ることになります。
ですが、携帯料金現金化の場合はインターネットで手続きを行いますから、お金は銀行口座に振り込んでもらう事になるのです。
携帯料金現金化にはそのための銀行口座が必要になります。
反対に言うと、銀行口座がなければお金を振り込んでもらう事が出来ないのです。
こちらは相手がどんな業者でも必ず必要になります。
現金を振り込んでもらう金融機関はどこでも構わない場合が多いのですが、携帯料金現金化にはネットバンクを利用する事をおすすめします。
都市銀行や地方銀行、信用金庫などでもお金を受け取る事は可能ですが、その場合は銀行が営業している時間内でなければお金を振り込んでもらっても反映されないのです。
通常の銀行の営業時間は午前9時から午後3時までとなっています。
その時間以外に携帯料金現金化を行っても、それが反映されるのは翌営業日になってしまうのです。
週末の夜にお金が必要な場合も、普通銀行を利用したのではお金が振り込まれるのが月曜日の朝になってしまいます。
ですが、ネットバンクなら土日祝日、24時間即座に振り込みが反映されます。
携帯料金現金化を行っている業者が提携しているネットバンクがあれば、いつでもすぐに現金を受け取る事が出来るのです。
ですから、携帯料金現金化を考えているならネットバンクを開設しておきましょう。
携帯料金現金化には、携帯電話はもちろんですが身分証明書と銀行口座が必要になります。
あらかじめそれらを用意しておく事で、スムーズに携帯料金現金化のサービスを受ける事が出来るのです。