お金のピンチは携帯決済現金化で乗り切ろう!

お財布のピンチを救う?!携帯決済現金化サービスとは?

    

お財布のピンチを救う、携帯料金現金化のサービス

給料日まであと何日かあるのにお金が足りない、こんな状況に陥った経験がある人は少なくないでしょう。
食費を削ったり、コーヒーを我慢したりしても、どうしてもお金が足りない、という時、あなたならどうしますか。
借金を考える人もいるかもしれませんが、それよりも手軽で安全な方法があります。
それが、携帯決済現金化です。

 

携帯決済現金化サービスとは

携帯決済現金化サービスとは、携帯のキャリア決済サービスを利用して現金を手に入れるというものです。
ドコモではドコモケータイ払い、auならauかんたん決済、ソフトバンクならソフトバンクまとめて支払いという名前ですが、これらはほとんど同じ内容のものになります。
具体的には、スマートフォンやパソコンなどで購入したデジタルコンテンツやショッピングなどの代金、アプリケーションの購入代金などを毎月の携帯料金とまとめて支払う事が出来るというもので、商品はすぐに手に入りますが、その料金を支払うのは翌月の携帯料金支払い日になります。
これを利用したのが、携帯決済現金化なのです。
携帯決済現金化サービスでは、業者が指定した商品をキャリア決済によって購入し、それを業者に買い取ってもらう事で現金化します。
その商品は、amazonギフト券などの場合が多いので、実際に品物を送るケースはそれほど多くありません。
もちろん、その料金は翌月に支払う事になりますが、それまでの急場をしのぐ事が出来るという訳です。
これが、携帯決済現金化です。
携帯決済現金化サービスのメリットの一つに、短時間でお金が手に入るというところがあります。
お金を借りる時のような審査がありませんし、業者側は商品の確認をすればすぐにお金を振り込んでくれるので、申し込んでから1時間以内で振り込んでもらうことも可能なのです。

還元率に注意が必要

お金が足りない時に強い味方となってくれる携帯決済現金化ですが、それを利用する際に知っておかなくてはいけない事があります。
それは、購入した商品の代金がすべて自分のものになるわけではない、という事です。
携帯決済現金化業者も、儲けるためにそういったサービスを提供しています。
そして、どこから儲けるかというと、その商品と買取価格の差額で儲けているのです。
ですから、1万円の商品を1万円で買い取ってくれる事などあり得ません。
それよりも安い金額で買い取る事で、儲けを得ているのです。
商品購入代金に対して、業者が買い取ってくれる金額の割合を還元率や換金率などと呼んでいます。
携帯決済現金化の還元率は、だいたい60~80%程度が相場になっています。
2万円の商品を購入した場合、1万2千円~1万6千円程度が手に入るという事になりますね。
もちろん、翌月の携帯料金を支払う際には2万円を支払う必要があります。
携帯決済現金化は借金ではありませんが、この差額が利子のようなものになるわけです。

利用できるのはキャリア決済の限度額まで

携帯決済現金化を利用できるのはキャリア決済の限度額までとなります。
普段、キャリア決済を利用していない人はあまり限度額にも関心がないかもしれませんが、急にお金が必要になる可能性があると思うなら、一度限度額を調べてみてください。
キャリア決済の限度額は多くても10万円、だいたいの人は5万円程度になっていると思います。
この限度額は、契約期間やサービスの利用状況、携帯料金の延滞の有無などによって変わってきます。
その限度額によって、お財布がピンチの時に用意できる金額も変わってくるのです。
例えば、限度額が5万円で還元率80%の業者を利用する場合、4万円まではすぐに手に入れる事が出来るのです。
携帯決済現金化は、どうしても金が少し足りない、という時にとても便利なサービスです。
多額のお金を手に入れる事は出来ませんが、急場をしのぎたいなら借金するよりも便利だと言えるでしょう。